群馬県高崎市の整体なら高崎駅前の元気が一番整体室

*

腰・背中・首が張る、目の奥が痛い定期メンテナンスのクライアントさん 1

   

左膝前十字靱帯再建手術後のクライアントさん(40代男性)の症例ですが、題名を変えました。

以前の記事はこちら

ひざの状態も安定していて、日常生活ではほとんど気にならないそうです。

 

この所は全体的に調子が良かったそうですが、東京へ研修へ行った後から

腰・背中・首が張る

目の奥が痛い

状態で、セルフエクササイズをしても2・3日しんどい状態が続いているので、予約日を早めて来室されました。

前回の力仕事をした後の目の不快感に腰・背中・首の張りがプラスされたような状態です。

 

骨盤の弾力が失われ肩の外転(左右とも水平くらい)が悪くなっています。

疲労はあるのでしょうが、それ以外に何か問題が発生しているようです。

東京へ研修へ行っていつもよりも長く歩いたそうなので、足から確認していきました。

 

座位での前屈(腰・背中の症状)・肩の外転を指標に、どこから負担が来ているかを検査していきます。

前回は右足首の捻挫後遺症があったので、今回も右足首から。

「ちょっと良いみたいです。」

左足首は

「ここでも楽になります。」

長く歩いたそうなので左右の足底をチェック

「ここも楽になります。」
足は全体的に疲労していたようです。

座位での前屈はこれでほとんど気にならなくなりました。

 

肩の外転も160度位まで上がるようになりました。

足のアーチを作るように把握すると

「肩も目も楽です~」

座位でのチェックはここまでとして、脳脊髄液の循環を調整し生理的な問題を解除していきます。

 

膝倒しで腰の張りが少し残りましたので、再び足からチェック。

 

もう足ではないようです。

先程の側腹の反応から季節的な問題があるかと、腎系をTLするとストンと倒れます。

季節的要因で汗の内攻からの腎系の疲労が疑われます。

 

これで今日の主訴はほぼ解消できました。

 

東京へは「歩きやすい靴」で行ったそうですが、もしからしたその靴が足のアーチを崩していたのかもしれません。
歩きやすい靴・楽な靴が本当に身体にとって楽なのか確かめる必要があります。

 

 

完全予約制 (当日予約も可)
今すぐお電話を 027-326-3323
ホームページを見たお電話ください。

メールでのお問い合わせはこちらから⇒ icon_1r_96

 - 前十字靭帯再建手術後, 疲労性腰痛, 目の奥が痛い頭痛