群馬県高崎市の整体なら高崎駅前の元気が一番整体室

*

捻挫の後遺症? 内反で痛みが残る足首痛

   

毎月メンテナンスに通われるFさん(50代男性・公務員)

以前の記事はこちら

2週間ほど前の稽古中(Fさんは現役で武道の稽古・指導をされています)に、右足首を捻ってしまったそうです。

一時の痛みは治まったものの足首を内反(内返し)すると、足首の内側に痛みが残ってしまいました。

湿布をすると楽な気がしますが改善はしないようです。

 

施術

捻挫の後遺症として、関節の動きが少し不正になっている可能性がありますので、関節動作法で改善するか試してみます。

角度を変えながら動かすと、内反の痛みが軽減するポイントがあります。数回体に覚えこませるように動かしていくと

「さっきより楽ですねぇ」

と変化が出ました。

当室の整体でも軽減できそうです。

 

確認できたところで基本の脳脊髄液の循環調整から始めます。

今回は循環調整を行っても膝倒しの動きに渋さが残りました。

 

おそらく足首だろうとTLすると、案の定膝倒しがスムーズになります。

足首って大切なんですねぇ。

古典調整で足首を調整していくと、膝倒しもスムーズになりました。

 

下肢・上肢のROMの調整をして足首の再検査です。

「痛みはだいぶ取れましたが、まだ少し違和感が残ります。」

再度関節動作法を行いますが、それほどの変化はありませんでした。

 

足を捻ったとき、又はその後の痛みを庇う動作で、離れたところの筋筋膜に異常が出ているようです。

疼痛誘発動作をで原因筋を探していきます。

下腿部外側、腹部深層筋でも反応がありましたが、最もすっきり取れたのは殿筋群でした。

もう少し細かく殿筋をチェックして緩めていくと

「先程の違和感も取れました」

と改善できました。

 

足首の捻挫などで痛み・違和感を残していると、身体は防御反応で歪み・緊張し、思いもよらない症状の原因になることもあります。

「もうそれほど痛くないから」と軽く考えずに、しっかり調整しておきたいものです。

 

完全予約制 (当日予約も可)
今すぐお電話を 027-326-3323
ホームページを見たお電話ください。

メールでのお問い合わせはこちらから⇒ icon_1r_96

 

 - 捻挫の後遺症