群馬県高崎市の整体なら高崎駅前の元気が一番整体室

*

尾骨の成長痛とヘルニアによる腰痛と言われたサッカー部の中学生 1

   

病院で「尾骨の成長痛」「ヘルニアによる腰痛」と言われ来室のR君(中一・サッカー部)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: boy_soccer-10.png
2か月くらい前から、立ったり座ったりの動作始めに尾骨周辺が痛くなってしまいました。
病院での診断は「尾骨の成長痛」で、特に治療は無い言われてしまいまし舞ったそうです。
尾骨痛のほかに、半年ほど前から腰の進展痛(反らすと痛い)があり、こちらは「ヘルニア」と言われているそうです。

来室時の状態は
立ったり座ったりで尾骨周辺が痛い
腰を反らすと腰部が痛い
仰向けで足を伸ばすと腰が痛い
状態でした。



一般的に「尾骨の成長痛」と言われると、病院ではほとんど治療法は無く、自然と痛みが治まるのを待つしかないのが実情です。

当室の施術法で改善できるか、検査も兼ね尾骨の関節動作法を行うと

「さっきよりも楽です。」と改善するようなので、

当室の整体でも改善可能と判断し施術に入りました。

主な関節の可動域を確認していくと、左仙腸関節・腰部の左回旋・左肩の外転・首の左回旋などで動きがスムーズさを失っていました。

脳脊髄液の循環を調整しリメディ療法で基礎的な問題を調整していきます。

基礎的な調整で仙腸関節・肩の外転・首の回旋は改善できました。

腰部の回旋はハムストの調整で改善しました。

ここで一度起き上がって再度尾骨の関節動作法を行ないます。

立ったり座ったりの再検査してみます。

「すごく楽です。」

低い椅子でも確かめます。

「大丈夫です。」

腰の伸展をしてみると

「さっきよりもいいけど、最後で少し痛みが出ます。」

疼痛誘発動作でチェックすると腹部の深層筋でヒットしました。

セルフエクササイズを指導がてら腹部の深層筋を緩めると

「腰を反らせるのも大丈夫です。」

尾骨の関節動作法と腹部の深層筋を緩めるセルフエクササイズをおさらいして次回としました。


オスグットやシーバー病・尾骨の成長痛など、病院で「成長痛」と診断される痛みは、シップや安静などを指導され積極的に痛みを取る治療はほとんどありません。

しかし成長痛のほとんどは、スポーツなどによる疲労から来る筋筋膜性の痛みのケースがほとんどです。

当整体室ではこれまで多くの「成長痛」を改善してきた実績があります。

諦める前に一度ご相談ください。


完全予約制 (当日予約も可)
今すぐお電話を 027-326-3323
ホームページを見たとお電話ください。






 - 元気が一番整体室からのお知らせ