群馬県高崎市の整体なら高崎駅前の元気が一番整体室

*

お子さんが成長痛と言われ1カ月以上症状が改善しないで心配している親御さんへ

小学生・中学生の訴える痛みで「成長痛」と言われる痛みがあります。

主にスポーツをしているお子さんに発症してしまう「成長痛」、実はこの言葉は病名ではありません。坐骨神経痛や五十肩と同じく俗称です。

正式名称として”骨端症(こったんしょう)”といいます。

膝の症状ではオスグッド病、踵の痛みではシーバー病とも言われます。

所謂成長痛と呼ばれるオスグッド病やシーバー病ですが、成長期のみんなが患う疾患ではありません。野球やサッカー・バスケなど走ったり中腰で練習することが多い競技で多く発症します。

このことから主な原因は過度の運動・オーバーユースなどによるスポーツ障害と考えられます。

医療機関などでは「成長期だから、骨の成長が止まれば自然に改善します」と言われたりもします。

そのためにいつ痛みが取れるかわからないために、痛みを我慢しながら運動を続けてしまうために重症化してしまうこともあります。

整形外科や接骨院では電気治療、超音波治療、マッサージ、筋トレ、湿布薬などの治療やストレッチや安静を指示されますが、あまり改善せずに整体室へ相談される方も多くなっています。

例え成長痛と診断されても、早期に適切な施術をしていれば、それほど怖がる疾患ではありません。

成長途中でも痛みは改善できます。当整体室では数回で練習復帰できるルケースがほとんどです。

オスグット病とは

当整体室で一番多い所謂成長痛は、膝の成長痛「オスグット病」です。

sports_soccer_kega

初期のオスグットの痛みは、片足の膝下が走ると痛い、屈伸できない、正座できない、と訴えることが多いです。

さらに進行すると脛骨粗面の膝下が隆起していき圧痛も出てしまいます。

そして歩くのも痛くなってしまいます。

通常、病院でMRIやレントゲンを撮って診断されます。

オスグット病と診断されると、湿布や電気治療をおこない、ストレッチや練習を休むよう指示され、自然に治るのを待つしかないといわれることが多いそうです。

シーバー病とは

次に多い成長痛は踵の成長痛「シーバー病」です。

jiko_nenza

成長期にスポーツをしている子で踵が痛くなる痛みです。

主に8~12歳の子供に多く見られます。男子の割合が多く走る競技に多い傾向があります。

発症原因としては、慢性的な疲労が大きな原因にあります。

痛みは踵のアキレス腱が付着する部分に発生し、走ったりジャンプしたり圧痛が発生します。

病院では電気治療や湿布やインソールを処方され、ストレッチや練習を休むように指示されますが、改善が長引いているお子さんも多いようです。

成長痛と言われたら、どうすればいいのか?

これらの所謂成長痛の子たちは、膝や踵だけに問題を抱えているのではありません。

股関節、腰部、腹部、足首、背中、肩など全身の筋肉も過度に疲労しています。筋疲労のために関節のアライメントが崩れ、更に別の筋疲労を起こす悪循環が起きています。

必要なのは膝や踵の治療ではありません。

全身の筋肉の緊張を解消させ身体の循環を改善し、寝れば疲労が取れる身体に戻してやる必要があります。

その上で慢性化してしまった筋硬結などを解除し、関節の動きを調整することで早期改善が可能となります。

元気が一番整体室では、これらの成長痛の治癒理論・改善手法が確立しています。

また開業以来多くの症例を経験しているので、慢性化してしまったようなケースにも対応が可能です。

尾骨(尾てい骨)の成長痛というのもあります。

当整体室では比較的多い症例ですが「尾骨の成長痛」と言われて、お尻の尾てい骨付近が痛いお子さんも増えています。

そんなに急に尾骨が成長するとも思えないのですが、結構多くいらっしゃいます。

症状としては、座っていると尾骨周辺が痛くなる、立ち上がるとき痛い、仰向けで寝られない、寝返りが痛いなどを訴えて来られます。

小学生・中学生の女子に多いようです。

病院で「尾骨の成長痛」と診断されると、湿布くらいしか治療してもらえないようです。接骨院でも電気治療やマッサージをすることが多いようですが、改善に時間がかかることが多いようです。

尾骨の成長痛はスポーツをしていない子にも発症することがあり、授業中痛くて座っていられない子もいました。

多くの場合、脊柱の生理湾曲が失われて(姿勢が悪くて)尾骨が歪んでいることが原因となります。

尾骨の歪みを調整するとその場で症状が軽減します。

しかし生活習慣に根差した歪みによる痛みのため、痛みのない状態を安定させるためには姿勢などの指導も必要です。

当整体室では尾骨の成長痛も多くの改善例がありますので、どうぞご相談ください。

 

完全予約制 (当日予約も可)
今すぐお電話を 027-326-3323
ホームページを見たとお電話ください。

メールでのお問い合わせはこちらから⇒ icon_1r_96

 

公開日:
最終更新日:2017/02/04