群馬県高崎市の整体なら高崎駅前の元気が一番整体室

*

長く歩くと下肢に痛み痺れが出る脊柱管狭窄症と診断された腰痛もご相談ください。

こんな症状での相談が増えています。

もっとも特徴的な症状は、長い距離を続けて歩くと腰・大腿部・脹脛に痛み痺れが出る、症状が出ると休まないと歩けない。
いわゆる間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありません。
しかし、立っていたり歩いたりすると、お尻や大腿部・ふくらはぎに痛みしびれや出て歩きづらくなります。
しかし、すこし前かがみになったり、座っていると痛み痺れは軽減されます。

医学的には

加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。
年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

リハビリ、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬などで改善することもあります。

 

元気が一番整体室の診方


元気が一番整体室では主に筋筋膜へのアプローチで改善を図ります。

特に脊柱管狭窄症と言われた方の施術を通して積みあがってきた知見から、足趾から下腿部の筋膜の短縮や癒着が間欠性跛行の原因となっていると考えています。

この施術ポイントを見つけてからは、多くの方の脊柱管狭窄症・間欠性跛行を改善が出来るようになりました。

当然、脳脊髄液など体液の循環を促し元気度のアップは必須ですが、その上で足趾・下腿の筋膜の短縮・癒着を剥がすと脊柱管狭窄症と診断されてるしぶとい痛み痺れも改善されていきます。

家庭でできるセルフエクササイズも効果的です。

現在行っている治療法で改善が思わしくない方、ご相談ください。

 

完全予約制 (当日予約も可)
今すぐお電話を 027-326-3323
ホームページを見たとお電話ください。

 

公開日: